付き合うまでの苦労話

出会いは高校生のとき。同じクラスになったことがきっかけでした。そのころ彼氏はよくモテていて、私なんてと思っていました。でも、モテているわりに彼女がいるなんて話は聞いたことがなかったので、いけるかも…なんてことも思っていました。
初めて告白したのは、高校3年生のとき。誰かに聞かれるとイヤなので、家に電話しました。ストレートに好きなので付き合ってと言いましたが…見事にフラれました。それまで話したことすらなかったので、付き合ってくれるとは思っていませんでした。
その告白の日から、ちょくちょく電話をかけて話をするようになりました。学校で毎日会うので学校で話しをすればいいのですが、誰かに見られたくないのと、面と向かって目を見て話すのが恥ずかしくて、家に電話ばかりかけていました。
そのうち、家の電話より携帯にしてと言われて携帯に電話するようになりました。単純に家電の子機を取りに行くのが面倒くさいだけだったみたいですが。でも、理由はどうであれ、これで携帯番号ゲットです!
そして、私も親を説得してやっと携帯を買ってもらい、今度はメルアドを交換しました。こうなるともういつでもどこでも連絡をとることが可能になってきます。1日に何十通とメールをしました。毎日毎日メールを送っていました。いつも私からでしたがそれは気にしていませんでした。もちろん、学校でも毎日会っていたのですが、学校でしゃべることはやっぱり全然ありませんでした。
受験の時期になり、明日が試験だという夜。初めて相手からメールがきました。
受験がんばってね。
それだけでしたが、私はすごく嬉しかったです。
それから卒業するまで何回か告白したのですが、全敗でした。
大学生になって私は県外に行ったのですが、毎日のメールは欠かしませんでした。もう毎日のメールだけが楽しみでもありました。
そして…何回目かの告白がやっとやっと実って付き合うことができました。遠距離でしたが、それでも順調に愛を育み…大学を卒業して結婚しました。
こんなに労力を使ってやっと付き合えた人なので、一生添い遂げようと誓っています。もちろん、いまでもラブラブです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *